ご利用事例|手形割引プロは実績ある福岡の手形割引専門商社、リプルが運営。他社で断られた手形やお悩みの方は手形割引プロへ。九州、山口エリアなら当日現金化可能。

ご利用事例

実際に手形割引プロをご利用いただいたお客様の、
お取引の経緯から弊社の対応方法、代表者様の声までご紹介いたします。
手形割引する際の参考に、ぜひご覧ください。
弊社では、様々なお客様のご相談をお待ちしておりますので、
手形割引で気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

事例1 初めての手形集金(秋田県・K様)

お取引の経緯
会社を設立したばかりなので、銀行の割引枠をお持ちではありませんでした。
取引銀行に相談に行かれたところ、融資取引契約になるので時間がかかると言われたそうです。
ネットで手形割引業者を探して数社に打診されましたが、初めての取引に不安を感じられているご様子でした。
また、K様のご要望としては、「集金が手形になると予定していなかったので、資金化を急ぎたい」
「手形の発送には不安がある」とのことでした。
対応方法
まずは早急に審査にはいり、約1時間でお見積書をFAXいたしました。
割引料の了解をK様にいただき、手形の裏書記入方法や郵便局から保険をかけて郵送していただく手順などを詳しく説明。
安心して手形を発送していただきました。秋田県から福岡県までの発送は、速達でも1日半かかりますが、
幸いにもお問い合わせいただいたのが金曜日だったので、月曜日の朝一番には振込することができました。
数週間後、K様が相談した取引銀行から「設立から日が浅い」との理由で断りの回答がきたそうです。
銀行との融資取引がない場合、仮に上場会社の手形を銀行に持ち込んだとしても、すぐに割引くことは困難です。
その点、弊社では、振出人の規模や信用度で判断するので、早く回答できます。取り交わす書類なども煩雑でないため、
短期的な資金調達には非常に有効な手段です。
手形割引プロとしても、K様の必要なときにお役に立てて、うれしく思いました。
代表者様の声
手形割引プロさんと取引を始めて8年になります。
当初、手形割引業者には抵抗があったのですが、私の考えすぎだったようです。割引料は想像したよりも安く、
担当者の紳士的な対応にとても感動しました。手形の裏印の押し方や郵送方法、到着時間などを詳しく教えてもらったので、
安心して取引ができました。

▲ページのTOPへ

事例2 他社の審査結果に満足できない(東京都・F様)

お取引の経緯
製造業という業種柄、手形集金が多いF様。
他の手形割引業者との取引において、優良企業の手形は確かに安い金利でしたが、
中小企業や個人の手形ははねられたそうです。
個人振出の手形から優良企業の手形まですべて現金にしないと資金繰りができないと、
お困りのときに弊社にお問い合わせをいただきました。
対応方法
F様の場合、手形13枚の内5枚は優良企業の手形だったので、すぐに金利を出すことができました。
残り8枚(5企業)が、地場企業および個人振出の手形だったため、翌日10時まで時間をいただき、細かく審査を進めました。
審査の結果、債務超過に陥っている手形2枚は割引できませんでしたが、残りの11枚が割引できたため、
無事にF様の資金繰りをお助けできたのです。
割引基準は、手形割引業のそれぞれの会社によって違いがあります。最近では、「興信所の点数」「規模の大小」
「財務内容の良否」など、審査基準のハードルを高くすることで、地場企業振出・個人振出の手形を
避けている会社があるのも事実です。しかし、弊社では優良企業様の手形を「早く・安く!」割引くのはもちろん、
形式にとらわれず、集金された手形を一枚一枚、丁寧に色々な角度から審査しております。
F様のように、「他社で断られた」手形が、弊社では引受できた実例も多くございます。
代表者様の声
実は、最初はあまり期待せずに問い合わせました。
「1日時間をください」と言われ、翌朝10時過ぎに回答がきました。
2枚は手形割引から外されましたが、ほぼ資金繰りに必要な金額は割り引いてもらいました。
また、割引できなかった手形は、手形割引プロさんのアドバイスで縮小した結果、不渡りを逃れることができました。
今では、新規取引はすべて手形割引プロさんに調査してもらっているので、安心して仕事ができています。

▲ページのTOPへ

事例3 リスケを要請したら、銀行の割引基準が厳しくなった(東京都・A様)

お取引の経緯
銀行に債務返済の繰り延べ(リスケ)を要請したところ、急に今まで割れていた手形の割引を断られたそうです。
慌てて数社の割引業者に割引を申し込まれましたが、「規模が小さい」「興信所の評点が低い」との理由で
断られたとのことで、弊社にお問い合わせをいただきました。
対応方法
最初お電話をいただいたとき、A様の声は沈んでいました。
他のお客様から引き合いがあった手形なので、弊社には新しい資料がありました。
その資料を参考にすることで、“確かに規模は小さく興信所の評価は低かったが割引できる”との判断に至ったのです。
割引了解のお電話をしたところ、受話器の向こうでA様の安堵の声が聞こえました。
30数年、手形割引専業で培った経験と豊富な資料で、A様のお役に立つことができたのだと思います。
代表者様の声
銀行では問題なく割引できていた、長年の取引先会社の手形が割引できないというのは、ショックでした。
また、手形割引業者の「規模が小さい」「興信所の評点が低い」と突き放されるような回答には、焦りと不安を感じました。
しかし、手形割引プロさんにお願いしたところ、「確かに興信所の評価は低いですが、弊社には最新の資料がありますので、
割引できます」と、15分程度で割引了解の回答。また、興信所の評点がなぜ低いのか、なぜ割引了解の判断をしたのかを、
詳しく説明してくれたので納得することもできました。
取引先の与信管理の調査も無料でしていただけるので、これからも非常に安心です。

▲ページのTOPへ

事例4 民事再生をした場合(鹿児島県・D様)

お取引の経緯
不景気のあおりを受け、製品の売り上げが急激に減少。民事再生を申請することとなったそうです。
手形集金が非常に多いため、安心して取引できる手形割引業者を申請代理人の先生と相談し、
弊社にお問い合わせいただきました。
対応方法
月の中旬にお電話があり、お話しをお伺いしたところ、月末の資金に充てるためとのこと。
すぐに割引希望の手形の明細一覧をいただき、翌日にお見積書をFAXでお送りしました。
割引金利は、D様と打ち合わせながら、D様にご納得いただける低金利で設定いたしました。
監督弁護士様の同意書をいただいたあと、現金をD様の事業所まで配達することで、
無事に資金のご用意をお手伝いできたのです。
現在は、D様の再建計画がスムーズに達成できることを願い、取引先すべての与信判断もしております。
民事再生法申請後は再生計画案が可決されるまで、事業は継続しなければなりません。
今まで取引していた銀行では、手形割引を引受けてもらえない場合が少なくありません。
弊社では、全国の民事再生法を含む再建企業様の再建計画達成のお手伝いをするために、
低金利での割引枠を設け、積極的に取り組んでおります。
代表者様の声
個人振出の手形から上場企業の手形まで、月に数十枚、額面合計で5,000万円以上の手形を、
一括して手形割引してくれる業者を探していました。そんな中で手形割引プロさんに打診してみたところ、
翌日には「お見積書をFAXします」と電話がありました。対応の早さも、金利の設定も納得いくものでした。
現金を配達していただけることも決め手の一つです。これからも手形割引プロさんにお世話になると思います。

▲ページのTOPへ

ページのTOPへ